旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、議員立法による被害者救済を目指す超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久元参院副議長)は24日、総会を開き、法案作成のためのプロジェクトチーム(PT)を設置した。
 PTの座長には西村智奈美衆院議員(立憲民主)、副座長には福岡資麿参院議員(自民)と古屋範子衆院議員(公明)が就いた。議連は来年の通常国会に、被害者への補償などに関する法案を提出したい考え。 (C)時事通信社