国立がん研究センターは30日、0~14歳の小児と、AYA世代と呼ばれる15~39歳の若年層が1年間にがんと診断される率を発表した。若い世代のがんの詳細な集計は初めて。
 子どもと若年のがんは情報が少なく、診療体制も十分でない。がん統計・総合解析研究部の片野田耕太部長は「集計が、対策を講じる際の基礎になる」と述べた。
 センターは27府県の2009~11年のデータを集計。若い世代が1年間にがんを発症し診断される罹患(りかん)率を算出し、全国の患者数を推計した。
 0~14歳の罹患率は、人口10万人当たり12.3人(全国で1年間に約2100人)。15~19歳は同14.2人(同900人)、20代は同31.1人(同4200人)、30代は同91.1人(同1万6300人)だった。
 がんの種類別で最も多かったのは、0~14歳と15~19歳では白血病。20代は卵巣や精巣などに生じる胚細胞腫瘍・性腺腫瘍、30代は女性の乳がんだった。
 小児に多いがんと、中高年に多いがんは異なる。15歳以上では、若いほど小児に多いがんが目立ち、年齢が上がるにつれ中高年に多いがんが増えることが確認された。 (C)時事通信社