【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、5日自殺したとみられているファッションデザイナーのケイト・スペードさん(55)について、夫のアンディさんが6日、声明を発表し、スペードさんがうつ病を患っていたと明らかにした。夫婦は最近10カ月間、別居していたが、離婚は予定していなかったという。
 アンディさんによると、スペードさんは約6年前から重いうつ病に悩まされ、医師にも相談していた。アンディさんは「前夜(4日)にも彼女と連絡を取ったが、幸せそうな様子だった。こんなことをする兆候は何もなかった。ショックだ」と述べた。アンディさんはスペードさんの自宅の近所に住み、休暇も一緒に過ごしていたという。
 一方、スペードさんの姉は米メディアに、スペードさんがブランドイメージの傷つくことを恐れ、治療を拒否していたと明らかにした。スペードさんの名前を冠したファッションブランド「ケイト・スペード・ニューヨーク」は、明るい色や手の届く価格帯で若い女性の支持を集めていた。 (C)時事通信社