千葉大医学部付属病院で医師がコンピューター断層撮影装置(CT)検査の画像によるがんの所見を見落とし、患者2人が死亡した問題について、加藤勝信厚生労働相は12日の閣議後の記者会見で、「同様の事案が相次いでおり、全国の医療機関に改めて周知を図るとともに、対策などを検討したい」と述べた。
 CT検査によるがんの疑いの診断が見落とされ、患者が死亡した問題は昨年、東京慈恵会医科大付属病院や横浜市立大付属市民総合医療センターでも発覚した。
 厚労相は千葉大病院の見落としについて、「高度な医療を提供し、それにふさわしい医療安全が求められている特定機能病院で発生したことは大変残念。再発防止に向けた対策が適切に実施されるよう指導していきたい」と語った。 (C)時事通信社