【ビジネスワイヤ】eヘルス・プラットフォームのアイメディスは、同社サービスで利用できる仮想通貨「AIM」の新規公開(ICO)を実施すると発表した。額面0.12米ドルのトークンを3億トークン発行し、プラットフォームの開発と国際市場での展開を進めるための資金として3600万米ドルを調達する。この仮想通貨は、すでにシステムが稼働していて、ドイツの大手医療機関が利用していることなどから、高い格付けを得ている。(C)時事通信社