【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHC(東京都港区)は、日本医療ネットワーク協会と医療データ連携の業務委託契約を締結したと発表した。同協会が開発・運営する医療データベース「千年カルテ」とPHCの電子カルテシステムを接続し、匿名化した医療データを安全に二次利用できる仕組みの実証実験を行う。今年度は地域を限定して複数の参加医療機関を募集する。千年カルテは患者もアクセスできるようにし、データは次世代医療基盤法に基づいて医薬品開発などに活用される。(C)時事通信社