【ビジネスワイヤ】免疫系情報技術のイスラエル企業Cytoreasonは、同社の免疫中心AI(人工知能)モデルに基づく免疫細胞シグナリング研究の分析結果が、ネイチャー・バイオテクノロジー誌に掲載されたと発表した。同分析では1600万件の科学論文を対象に自然言語処理(NLP)を実施。これまでリスト化されていない細胞相互作用3000件以上をマッピングし、188種の疾患について類似性と相違性の免疫中心マップを作成した。(C)時事通信社