厚生労働省は4日、4月に生活保護を受給した世帯が前月より4488世帯少ない163万5280世帯だったと発表した。2カ月ぶりの減少。65歳以上の高齢者世帯が増えた一方、失業者のいる世帯など高齢者以外の世帯が大きく減少した。雇用情勢の改善が影響したとみられる。 (C)時事通信社