京都市は4日、京都刑務所(同市山科区)で受刑者621人が下痢や腹痛の食中毒を発症したと発表した。刑務所内の給食施設で調理された食事が原因だとして、同日から3日間の使用停止を命令した。
 市によると、ほとんどの患者が6月28日未明から昼にかけて発症し、同日午前、刑務所の医師が市医療衛生センターに連絡した。患者はいずれも回復したという。 (C)時事通信社