【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、同社の予備酸素摂量指数(ORi)技術の有用性を示す新研究の結果について発表した。ORiは動脈血酸素分圧の相対指数。研究では岩手医科大学のグループが、片肺換気を必要とする胸部手術患者を対象に血液酸素化をモニタリング。その結果、ORiは標準的な酸素飽和度(SpO2)と強い相関関係があり、ORiはSpO2より早く低下することが示された。SpO2と比べたORiの優位性を評価するにはさらなる研究が必要とされた。(C)時事通信社