西日本豪雨で避難生活が長引くと感染症などが発生しやすくなるとして、日本環境感染学会は11日までに予防策をまとめた。「食事と衛生」「トイレと感染症」「暑さ・ストレス・熱中症」など10項目について、ホームページ上で対策を紹介している。
 学会は、夏は細菌などで汚染された食べ物により、食中毒や急性胃腸炎が起こりやすいと指摘。暑い所に放置された食品や、中まで火がよく通っていない肉は控え、食事前にはせっけんと流水で手を洗うよう求めた。
 学会によると、急性胃腸炎などによる嘔吐(おうと)や下痢があると、手やタオルを通じて他の人に感染する恐れがある。トイレの使用後は手を洗い、タオルの共有は避けた方がいい。
 避難所に多くの人がいる状態では、風邪が広がる場合がある。くしゃみやせきの症状がある人はマスクをし、とっさにくしゃみが出た際はティッシュや肘の内側で口と鼻を覆う。
 屋内でも熱中症になる危険性があり、こまめな水分と塩分の摂取が必要。めまいや顔のほてりがあれば医療機関に相談する。
 また、がれき撤去などの作業の際、傷を負うと土中の細菌などに感染する恐れがあるため、丈夫な靴や手袋を着用。けがをしたら流水で洗い、症状が出れば医療機関に相談する。また、感染症を運ぶマダニや蚊に刺されないよう、虫よけスプレーを使うなどする。 (C)時事通信社