東京都杉並区は17日、区内の病院で行われたがん検診で40代女性のがんを3回見落としていたと発表した。女性は今年5月に肺がんと診断され、6月に死亡した。
 女性は2014年と15年、河北健診クリニックで健康診断として胸部レントゲン写真を撮り、異常なしとされた。また、今年1月に受けた区のがん検診の胸部のレントゲン写真でも、異常なしとされた。しかし4月、女性が呼吸困難などで他の病院に緊急搬送され、肺がんと疑われる影があることが判明。調査の結果、過去の見落としが判明したという。
 また、区はこのほかに14年9月以降、同クリニックで肺がん検診を受けた9424件のうち、44人が「要精密検査」となったと発表した。クリニック側は再検査するよう案内している。 (C)時事通信社