【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団は、第7回年次世界患者安全・科学・技術サミット(2019年1月18~19日、カリフォルニア)で、ビル・クリントン元米大統領が閉会基調講演を行うと発表した。クリントン氏の同サミットでの基調講演は7年連続となる。一連のサミットには医療専門家などが参加し、「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)を検討してきた。APSSは40カ国以上の5000近い病院などが導入済み。(C)時事通信社