日本列島は23日午後、関東甲信と東海を中心に猛烈な暑さとなった。気象庁によると、埼玉県熊谷市で午後2時23分に41.1度となり、国内の観測史上最高気温を約5年ぶりに更新した。東京都青梅市では史上4番目に高い40.8度となり、都内で初めて40度以上を記録した。
 これまでの最高は高知県四万十市の「江川崎」観測点で2013年8月12日に観測した41.0度。熊谷市では07年8月16日に、岐阜県多治見市とともに江川崎に次ぐ40.9度を観測したことがある。
 多治見市は今月18日に40.7度となったのに続き、23日も40.7度を観測。甲府市では40.3度を観測した。
 気象庁の竹川元章予報官は記者会見し、「経験したことのない暑さになっている所がある。命の危険がある温度。一つの災害であるという認識はある」として、熱中症に十分注意するよう呼び掛けた。東・西日本では太平洋高気圧と上空のチベット高気圧の影響で7月中旬から記録的高温となっており、猛暑は8月上旬まで続く見込みと発表した。
 24日も甲府市と名古屋市、岐阜市、京都市で最高38度と予想され、同庁は関東甲信から九州北部に高温注意情報を発表した。
 23日は熊谷市と青梅市のほか、39.9度を観測した群馬県桐生市と埼玉県寄居町、39.3度を観測した東京都八王子市と愛知県岡崎市なども各地点の最高記録を更新した。
 主要都市は東京都心39.0度、名古屋市39.6度、大阪市37.2度、福岡市33.9度だった。 (C)時事通信社