【北京時事】中国で基準に適合しない乳児向けワクチンが生産されていたことが発覚し、政府の監督責任を問う声が上がっている。新華社電によると、アフリカ訪問中の習近平国家主席は23日、「人民の健康第一」の方針で、徹底した真相究明と責任者への厳しい処分を行うよう関係当局に指示した。習氏は国民に寄り添う姿勢をアピールし、事態の沈静化に努めている。
 国家薬品監督管理局当局者は22日、ワクチン製造大手企業が狂犬病ワクチンに関するデータの改ざんなどをしていたとして、生産停止を命令したと明らかにした。同社はジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合ワクチンでも不正を行っていたとされ、刑事責任を追及する方向で関係機関が調査している。
 不正ワクチンは健康に直接の悪影響はないが、病気予防の効果は低いという。ネット上では「他のワクチンに問題はないのか」という不安の声が拡散。「処罰が軽すぎるから、こんなことが起きる」などと政府の対応に批判的な意見も広がっている。 (C)時事通信社