愛知県みよし市の名古屋刑務所で24日朝、40代の男性受刑者が熱中症で死亡していたことが25日、分かった。朝から気温が上がる中、男性は冷房のない独房で倒れていた。
 名古屋矯正管区によると、24日午前5時35分ごろ、男性が布団に横たわり、嘔吐(おうと)しているのを職員が発見。搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。男性に持病はなく、熱中症と診断されたという。
 名古屋刑務所では受刑者が寝起きする房内に冷房設備はなく、男性のいた4階は当時、室温が34度まで上がっていた。最上階の4階は最も暑くなるため、刑務所は使用を取りやめ、受刑者を3階以下に移した。
 矯正管区によると、これまでも廊下の大型扇風機で風を送り、受刑者にスポーツドリンクを飲ませるなどしてきたが、担当者は「職員に改めて呼び掛け、暑さ対策を強化する」と話している。 (C)時事通信社