【グローブニューズワイヤ】標的放射性医薬品または「分子標的放射線」(MTR)ベースの診断用・治療用製品の開発に注力するオーストラリアのバイオ製薬会社であるテリックス・ファーマシューティカルズは26日、JFEエンジニアリングとの最終的な商業用製造契約に向け前進したことを発表した。JFEエンジニアリングはサイクロトロンインフラの整備と放射性医薬品製造の日本における広範な専門知識を持つ。JFEは、診断イメージング製品用にテリックスが使用する重要な同位体である89Zr(ジルコニウム89)の生産のための専用施設を設立した。(C)時事通信社