日本たばこ産業(JT)が30日発表した喫煙に関する調査によると、2018年5月時点の全国の喫煙者率は、前年から0.3ポイント低い17.9%となり、3年連続で過去最低を更新した。健康志向の高まりや喫煙に対する規制強化などが背景にあるとみられる。
 男女別では、男性が0.4ポイント低下の27.8%、女性が0.3ポイント低下の8.7%で、いずれも過去最低を更新。男女合わせた喫煙人口(推計値)は37万人減の1880万人だった。 (C)時事通信社