人工多能性幹細胞(iPS細胞)を神経のもとに変えてパーキンソン病患者の脳に移植する臨床試験(治験)が始まることについて、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長は30日、「大変喜ばしく思う」などとするコメントを発表した。
 山中所長は「一日も早く患者さんにiPS細胞を使った新しい治療法が届けられるように、慎重にかつ迅速に引き続き研究を進める」とした。 (C)時事通信社