【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、非小細胞肺がん治療薬「ALUNBRIG」(ブリガチニブ)の第3相ALTA-1L試験の初回中間解析の結果を発表した。ALTA-1L試験では、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤未治療のALK遺伝子変異陽性の局所進行性/転移性非小細胞肺がんの成人患者を対象に、ALUNBRIGの有効性と安全性をクリゾチニブと比較。同解析の結果、ALUNBRIGはクリゾチニブと比較して、統計的に有意な無増悪生存期間の改善を示した。ALUNBRIGの安全性は既存情報と全般的に一致していた。(C)時事通信社