厚生労働省は22日、インド製の美白を目的としたクリームをインターネットで個人輸入し、使った20代の女性の腕に大きな水ぶくれができる健康被害が起こったと発表した。
 女性は7月、「EUKROMA Cream」というチューブ入りクリームを購入して使った。含まれている成分は不明。医師の診断によると、水ぶくれは製品が原因のアレルギー反応の可能性が高いという。現在は症状が改善している。
 厚労省は、個人輸入する化粧品や医薬品は含有物質が明らかでない場合もあり、健康被害が生じる恐れがあるとして、安易に使わないよう呼び掛けている。 (C)時事通信社