滋賀県彦根市立病院は27日、同市内の60代男性に2016年9月、腎臓の腫瘍を切除する腹腔(ふくくう)鏡手術を行った際、腸の動脈が切れて大量出血し、死亡する医療事故があったと発表した。病院は同日までに遺族に謝罪、約2900万円を支払うことを決めた。
 病院によると、男性は健康診断で右の腎臓に腫瘍があると指摘され、16年7月に泌尿器科を受診。8月に入院し、9月1日に腫瘍を切除するため腹腔鏡手術を受けた。しかし、手術中に腸付近の動脈が切れて大量出血し、同3日に出血性ショックと多臓器不全で死亡した。
 病院は同年10月に事故調査委員会を設置。術前評価に加え、手術による死亡リスクに関する説明も不十分だったと判断し、調査結果を医療事故調査・支援センターに報告した。 (C)時事通信社