厚生労働省は27日、2017年に新たに分かったエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者が計1389人だったとする確定値を発表した。前年より59人減少し、11年ぶりに1400人を下回った。
 同省のエイズ動向委員会は「各保健所による無料の検査などで早期発見が進み、感染拡大を防げているのではないか」と分析している。
 内訳は、感染者が前年比35人減の976人、既に発症していた患者が24人減の413人。合計の国籍別では、日本国籍が86人減の1193人となった一方、外国籍が27人増の196人となった。 (C)時事通信社