岐阜県警岐阜中署は28日、岐阜市の「Y&M藤掛第一病院」で26日から27日にかけ、80代の入院患者4人が熱中症の疑いで相次いで死亡したと発表した。当時病室のエアコンが故障していた可能性があり、同署は容疑者不詳の殺人容疑で同病院を家宅捜索した。
 同署によると、死亡したのは3、4階に入院していた83~85歳の男女各2人。26日午後8時40分~27日午前11時37分に死亡した。いずれも外傷はなかった。
 関係者から27日夜に「病院で4人が亡くなった。熱中症の疑いがある」と県警に電話があった。4人の病室について「エアコンが壊れていた」との情報も寄せられたが、病院から警察への通報はなかったという。
 気象庁によると、岐阜市の26日の最高気温は36.2度で、27日にかけて夜間の最低気温が25度以上の熱帯夜だった。
 同病院はJR岐阜駅の北約1キロにあり、病院のホームページによると、老人医療が専門で、療養病床は119床。
 病院の広報担当者は取材に対し、「何か問題があったとは考えていない」と話した。 (C)時事通信社