血液の難病患者の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から止血効果を持つ血液細胞「血小板」を作り、輸血する京都大の臨床研究計画について、厚生労働省部会は29日、審査を始めた。
 同日の部会では、患者への説明文書を分かりやすくする必要があるなどの指摘が出され、審査の継続が決まった。
 研究は、江藤浩之京大教授らのチームが、血小板などの血液の細胞を十分に作れなくなる「再生不良性貧血」の患者を対象に行う。厚労省の了承が得られれば、患者のiPS細胞から血小板を作り、患者自身に輸血して安全性を1年間調べる。
 この病気には献血で得られた血小板を輸血する治療などがあるが、今回の患者は拒絶反応を起こしやすく、通常の輸血が難しい。 (C)時事通信社