全国の児童相談所が2017年度に対応した児童虐待件数は、前年度比1万1203件(9.1%)増の13万3778件(速報値)となったことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。子どもの目の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の通告が警察から増えたことが主な要因で、1990年度の統計開始以来、27年連続で最多を更新した。
 虐待の内容別では、暴言や無視、面前DVなどの「心理的虐待」が9011件増の7万2197件で、全体の54.0%を占めた。身体的虐待は1298件増の3万3223件、育児放棄のネグレクトは976件増え2万6818件だった。性的被害は82件減の1540件。
 都道府県別では、大阪が1万8412件と最も多く、神奈川の1万3928件、東京の1万3707件が続いた。最少は鳥取の76件だった。
 児相への通告件数が最も多かったのは警察などの捜査機関で、1万1243件増の6万6055件となり全体の半数近くを占めた。面前DVを含め児相への通告を徹底していることが背景にあるとみられる。近隣・知人からは1万6982件で、子ども本人からも1118件あった。
 政府は、増え続ける児童虐待に対応するため、児童福祉司を22年度までに約2000人増員するなど児相の体制を強化する考えだ。 (C)時事通信社