オリンパスは5日、東京都内で開いた投資家向け説明会で、2021年3月期に売上高1兆1000億円を目指すとしていた中期経営計画の目標達成時期を3年後ろ倒しすると明らかにした。内視鏡で、新製品の導入遅れや品質問題が発生したことなどが理由。為替レートの想定変更も踏まえ、24年3月期に1兆円の達成を目指すとした。 (C)時事通信社