【ソウル時事】韓国疾病管理本部は8日、ソウル市内に住む60歳前後の男性が同日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。ソウル大病院で隔離されている。
 韓国では2015年5月に初のMERS感染者が確認され、約40人の死者が出た。同年12月に終息が宣言されて以降、新たな感染者は約3年ぶり。 (C)時事通信社