週に1回も外出しない65歳以上の男性は、低栄養傾向の割合が高いことが11日、厚生労働省が公表した2017年国民健康・栄養調査で分かった。女性は外出する人としない人で大きな差はなかった。
 同省は「高齢者の女性は外出しなくても、家の中で家事などの活動をしているが、外出しない男性は動いていない時間が長く、エネルギーの消費が少ないため、食事の量も少なくなっている可能性がある」とみている。 (C)時事通信社