【ビジネスワイヤ】眼内レンズのスイス企業Swiss Advanced Vision(SAV)は、初のカスタマイズ可能な白内障手術用EDOF(焦点深度拡張型)眼内レンズ「Harmonis」を発表した。Harmonisは同社サイト(sav-iol.com)のウェブ型コンフィギュレーターで3000種超の光学設定が可能。患者に最適な設定を施した上でオーダーメードできる。同社は第36回欧州白内障・屈折手術学会(9月21~25日、ウィーン)でHarmonisを紹介する。(C)時事通信社