国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される患者は前年比400人減の約101万3600人との予測を発表した。ピロリ菌感染率や喫煙率の低下を背景に、患者数の横ばい傾向が見られるという。
 同センターによると、予測患者数は高齢化などにより16年に100万人を超え、高い水準で推移しているものの、大幅な増加は見られなくなっている。
 胃がんの危険性を高めるピロリ菌の感染率が世代が若くなるほど下がり、胃がん患者が減っていることや、男性の喫煙率が下がり、がん全体が減っていることが背景にある。女性のがんも増加傾向が緩やかになってきた。
 患者数は男性57万4800人、女性43万8700人。部位別では、大腸(15万2100人)、胃(12万8700人)、肺(12万5100人)、女性乳房(8万6500人)が多かった。
 若尾文彦・がん対策情報センター長は「喫煙率はまだ下げる必要がある。検診の精度と受診率の向上も重要だ」と分析した。
 国立がん研究センターはまた、14年に全国でがんと診断された患者は86万7408人だったと発表した。これまでは精度の高い、複数の県のデータを基に全国値を推計していたが、全国で精度が上がり、初めて実際の値を公表した。 (C)時事通信社