北海道地震で、道は東京都から救援物資として乳児用液体ミルクの提供を受けた。常温で保存でき、開封してすぐに飲める乳児用液体ミルクは災害時に有効で、規格基準を定めた改正厚生労働省令が8月に施行され、国内での製造・販売が解禁されたばかり。ただ専門家は、災害時に乳児の口に入れる際には注意が必要と指摘する。
 乳児用液体ミルクは牛乳にビタミンなどの栄養分を加えたもので、成分は粉ミルクと同じ。2016年の熊本地震の際にはフィンランドから支援物資として届けられ、子どもを抱えた被災者に歓迎された。
 東京都は今年6月、災害時に液体ミルクを調達するため、流通大手イオンと協定を締結。7月に発生した西日本豪雨では、岡山県倉敷市の要請を受け2000本を提供した。
 北海道地震では9月10~11日に、フィンランド製の1050本の液体ミルクが道に提供された。道は避難所やミルクが行き届いていない家庭に届けてもらうため、被災した厚真町や安平町など5町に約200本ずつを配布した。
 ただ液体ミルクは国内ではまだ一般に流通しておらず、多くの乳児は初めて口にすることになる。アレルギーなども懸念されるが、災害時にはすぐに病院で診察してもらえない可能性がある。
 配布に当たり、ミルクには注意点を記した日本語の説明書が添付された。東京都の担当者は「赤ちゃんの栄養は母乳が基本。災害時などやむを得ないときはよく振って、開けたらすぐに飲み、飲み残しはすぐに捨ててほしい」と呼び掛けている。 (C)時事通信社