動物の体内でヒトの臓器を作るための基礎研究を進めている中内啓光・東京大特任教授らのチームは21日、血管内皮と血液細胞を同時に作製する手がかりとなる研究に成功したと発表した。移植時に拒絶反応を起こしにくい臓器ができると考えられるという。
 チームは血管の内側に存在する内皮と、白血球などの血液細胞を作れなくしたマウスの受精卵に、別のマウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を注入。マウスの子宮に移植して誕生させ、生まれた子の血管内皮と血液細胞がiPS細胞から作られたものだと確認した。論文を米科学誌に発表した。 (C)時事通信社