ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、卵子への分化過程の初期段階である「卵原細胞」を作製することに成功したと、京都大の斎藤通紀教授らの研究グループが発表した。卵子への分化誘導に向けた前進で、ほとんど分かっていないヒトの生殖細胞の発生機構の解明にも役立つと期待される。論文は21日、米科学誌サイエンス電子版に掲載された。
 研究グループは既に、マウスの多能性幹細胞から正常な出産ができる精子や卵子に育てたり、ヒトのiPS細胞から精子や卵子の起源となる始原生殖細胞を作製したりしている。
 今回は、メスの胎児のマウスから卵巣になる細胞を採取して生殖細胞を取り除き、ヒトのiPS細胞から誘導した始原生殖細胞と一緒に培養した。77日ほどで始原生殖細胞が卵原細胞に分化。その後、減数分裂に移行しつつあり、「卵母細胞」への分化を始めたと言えるという。 (C)時事通信社