【グローブニューズワイヤ】国際肺癌学会IASLC)の第19回世界肺がん学会議(WCLC)の23日の記者会見で、トロント大学の放射線腫瘍科などの教授であるアンドレア・べジャック博士は、会議で発表された臨床研究の重要な結果や肺がん生存率の男女差など、多様な研究トピックの概要を紹介した。例えばWCLCの調査では、非小細胞肺がんを有する女性の生存期間は男性よりも長いことが判明したことなどが紹介された。(C)時事通信社