本庶佑さんが理事長を務める神戸医療産業都市推進機構(神戸市)は同市内で記者会見し、村上雅義専務理事は「ノーベル賞授与は前々から言われており、『やっぱり』という思いだ。本庶先生は誰に対しても分け隔てなく耳を傾けて、物事を偏りなく公平公正に見る姿勢を持っている。それが偉大な発見につながった」と喜びをかみしめた。
 太田明夫免疫機構研究部長は「とにかく非常に研究が好き。データを見て、真実を見定めようという姿勢の人」と評した。本庶さんは若い研究者に対し、「患者を救えるよう、何か一つでも目標を持ってやるべきだ」と説いていたという。太田部長は「先生自身ががんという病気に対し、そういう道を切り開いた」と誇らしげに話した。 (C)時事通信社