ノーベル医学生理学賞の知らせから一夜明けた2日朝、本庶佑京都大特別教授(76)が妻滋子さん(75)と同大で記者会見し、「幸運な人生を歩いてきた」と改めて受賞決定の喜びを語った。
 本庶さんは紺のスーツに水色のネクタイを締め、午前9時ごろタクシーで京大に到着。研究室の秘書から花束を受け取ると、「ありがとう。これからもよろしく」と笑顔を見せた。
 記者会見の冒頭、本庶さんは「落ち着いていろいろ考えた」と切り出した。両親から譲り受けた健康な身体と突き詰めて考える性格、生命科学が大きく発展する中で研究を進められたこと、研究費に恵まれたことなどを「幸運」として挙げ、「研究をやめようとは一度も思わなかった」と振り返った。
 地道な基礎研究が、新たながん治療の道を開いたが、「基礎から応用につながることがまれでないと実証できた」と強調。「長期の展望を持って基礎研究をサポートし、若い人が人生を懸けて良かったと思える国にすることが重要」と訴えた。
 また、「人間の根幹」である生命科学は、将来の産業にもつながると指摘。「サイエンスは未来への投資。今もうかっているところにお金をつぎ込むのでは後れを取る」と研究費の充実を求めた。
 本庶さんが「家の細かいことにはタッチしない亭主関白。家族には感謝している」と語ると、滋子さんは「何でも諦めない。家での会話でも中途半端には終わらせない」とほほ笑みながら、「そういう態度が受賞につながったと思う」と応じた。 (C)時事通信社