2日午前の東京株式市場で、小野薬品工業の株価が急伸し、一時前日比220円高の3430円となり、今年の最高値を付けた。同社は、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京都大特別教授の研究を基にがん治療薬「オプジーボ」を開発した。
 売買代金も任天堂やトヨタ自動車などと並び上位に入った。
 廣田証券の高山浩営業部長は「小野薬品株はノーベル賞の決定前から買われていたため、短期的には買い材料出尽くし感がある。ただ、オプジーボは適用されるがんの種類を拡大しており、長期的には改めて脚光を浴びる可能性が高い」と話している。 (C)時事通信社