【ビジネスワイヤ】コネクテッドヘルス技術大手の仏Biolog-idは、米国事業センターを開設したと発表した。同センターはジョージア州アトランタにあり、研究開発・販売・製品サポートを担当する。同社は血液製品や化学療法用製品を追跡・管理するRFIDソリューションを手掛ける。同ソリューションにより、これら製品の管理や物流の業務負担が軽減する。(C)時事通信社