香川県から東京都へ転居後に船戸結愛ちゃん=当時(5)=が虐待死した事件で、厚生労働省の専門委員会がまとめた検証結果について、同県の増本一浩子ども家庭課長は3日、「(書かれ方は)厳しいと思う」と述べ、県の対応を問題点として列挙した内容を疑問視した。
 増本課長は検証結果について、対応期間が相対的に長かった県の対応への言及が目立ち、より悪く見えると指摘。児童福祉司による保護者の指導措置を解除すべきではなかったとの記載には、「解除は、児童相談所が関わりをやめるという意味ではない」と反論した。
 その一方で、「しなければいけない対応をしなかったわけではないが、行き届かない部分はあったと真摯(しんし)に受け止める」と述べた。 (C)時事通信社