根本匠厚生労働相は3日の記者会見で、原則65歳からとなっている公的年金の支給開始年齢について「現行の年金制度で回っており、直ちに引き上げることは考えていない」と述べた。
 支給開始年齢引き上げは社会保障給付費の抑制を求める財務省が提案しているが、根本氏はこれを否定した形だ。安倍晋三首相が自民党総裁選で掲げたのは、70歳を超えても受給開始年齢を選べるようにする制度で、支給開始年齢の引き上げとは異なる。 (C)時事通信社