東京医科歯科大の研究チームは、アルツハイマー病のごく早期に生じるたんぱく質の異常を発見した。マウスを対象にした遺伝子治療で、この異常がもたらすシナプス(神経細胞同士のつながり)の変性を食い止め、記憶力の回復にも成功した。論文は5日までに、国際科学誌モレキュラー・サイカイアトリーに掲載された。
 アルツハイマー病は、アミロイドβ(Aβ)というたんぱく質の塊が脳内に沈着し、神経細胞を死滅させる。Aβを除去する薬の開発も進められているが、臨床試験では除去しても症状は改善せず、沈着以前の異常を解明する必要が指摘されていた。
 医科歯科大の岡沢均教授らは、アルツハイマー病モデルマウスの脳内を、Aβの沈着以前から詳しく調べた。その結果、SRRM2というたんぱく質に異常が起きると、シナプス形成を促すPQBP1という別のたんぱく質が減少し、後のシナプス変性や認知症発症につながることが分かった。
 遺伝子治療でPQBP1を補うと、シナプスが回復。記憶力も正常に近いレベルに回復した。 (C)時事通信社