最高裁は5日、大法廷フロアの空気中からアスベスト(石綿)が検出されたため、6日に予定していた法廷見学会のイベントを中止すると発表した。「健康被害の可能性を考慮した」としている。
 最高裁によると、大法廷は4月から耐震改修工事をしており、石綿について週1回、空気中のモニタリングを実施。今月3日に採取したサンプルから、空気1リットル中1本を超える石綿繊維が検出されたため、詳しい調査が必要となったという。大法廷につながるホールなども調べている。
 東京都千代田区にある最高裁は1974年建築。大法廷は、15人の裁判官が担当する審理で使われるほか、見学ツアーなどで一般に開放している。6日のイベントに参加を予定していた約200人の学生らに中止を連絡したという。 (C)時事通信社