【グローブニューズワイヤ】先進細胞療法のメーカー、サービスプロバイダー、および開発業者であるオージェネシスは4日、2018年7月10日に締結した合弁事業契約に基づき、ヘカバイオ株式会社とのライセンス契約を締結したと発表した。同ライセンス契約および合弁契約の下で、オージェネシスは日本における再生医療および細胞・遺伝子療法製品の臨床開発および製品化でヘカバイオと協力する。ヘカバイオは、同ライセンスの代償として、純売上高総額の10%およびサブライセンス収入の12%相当するロイヤルティーをオージェネシスに支払うことになる。(C)時事通信社