【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、高酸素血症の防止に、同社のORi(予備酸素摂量指数)を活用する新研究の結果を発表した。フランスのアンジェ大学病院が実施した研究では、人工呼吸器使用のICU(集中治療室)患者を対象に、ORiまたは酸素飽和度(SpO2)を基に吸入酸素濃度を調節。高酸素血症の発症日数の割合は、ORi群がSpO2群より有意に低かった。ORiが同症の減少に役立ち得ると結論付けられたが、ORiが罹病率などに及ぼす影響についての別研究の有用性も指摘された。(C)時事通信社