魚をほとんど食べない人は大動脈瘤(りゅう)や大動脈乖離(かいり)などの疾患にかかりやすく、これらで死亡するリスクが約2倍になるとの研究結果を国立がん研究センターと筑波大などのグループが発表した。魚の摂取頻度と大動脈疾患による死亡との関連を示した研究結果は初めてという。
 研究グループは全国の約36万人を対象にアンケート調査を実施。魚を食べる頻度で5段階に分けて追跡した結果、「ほとんど食べない」とした人たちは、「週に1~2回」食べる人に比べ、大動脈疾患で死亡するリスクが約2倍高かった。 (C)時事通信社