【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、ホジキンリンパ腫治療薬「アドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)」の研究結果を第11回国際ホジキンリンパ腫シンポジウムで報告したと発表した。ファーストライン治療としての第3相ECHELON-1試験で4本、再発ないし病状進行のリスクがあるホジキンリンパ腫患者での自家幹細胞移植後の地固め療法としての第3相AETHERA試験で1本の報告を行った。また進行期ホジキンリンパ腫の小児患者を治療する第1/2相試験の結果も発表した。(C)時事通信社