【ビジネスワイヤ】大麻製品企業を傘下に持つ持ち株会社のポットネットワークは、最高経営責任者(CEO)にケビン・ハーゲン氏が就任したと発表した。ハーゲン氏は、ポットネットワーク子会社でダイヤモンドCBDを所有するファースト・キャピタル・ベンチャーの社長を務めている。前CEOのリチャード・グールディング博士は新たに最高メディカル責任者に就任し、新製品開発と独自製品の臨床試験を統括する。(C)時事通信社