【ビジネスワイヤ】バイオ医薬品企業の英クレッシェンド・バイオロジクスは、同社の腫瘍標的化T細胞増強技術「Humabody」の早期ライセンスを、武田薬品工業が取得したと発表した。両社は2016年10月に協業・ライセンス契約を発表しており、今回は同契約のオプションを行使したことになる。武田薬品は、同社の腫瘍標的の一つを対象に、同技術でがん免疫療法薬を開発する。(C)時事通信社