【ビジネスワイヤ】医療機器会社の米レスメドは、長期ポストアキュート(急性期後)医療ソフトウエアの米マトリックスケアを買収すると発表した。この買収により、レスメドは、院外用ソフトウエア事業を高度看護分野および高齢者ケア分野に拡大し、医療提供者の効率を向上させる。マトリックスケアは、レスメドのSaaS(サービス型ソフトウエア)事業の一部として独立的に業務を継続する。買収額は7億5000万ドル。(C)時事通信社